◆当サイトも2chまとめビルダーで作成されています。操作が簡単で誰でもすぐに始められます。◆ 2ちゃんまとめビルダーの説明を見に行く
        

    宮崎駿監督

    1:2013/09/11(水) 19:50:23.13 ID:

     宮崎駿監督(72)が電撃的に長編映画からの引退を発表。
    体力的な限界などが理由とされているが、宮崎監督の膨大な作業量を考えるともっともだと言える。
    しかし、かつて宮崎監督はその作業スタイルを変えようと試みたことがあったという。

     宮崎アニメに使われる絵の枚数は膨大だ。例えば「崖の上のポニョ」は約17万枚で、
    その隅々にまで宮崎さんの手が入っている。
    信じられないほどの作業量をこなして初めて、生命力に満ちた動き、映像の快楽が生まれる。
    その作業が体力的に限界となれば終わりを迎えるしかない。

     ジブリ関係者によれば、「風立ちぬ」の製作は、これまでの作品以上に宮崎さんの気力・体力を奪ったという。
    同時に製作していた高畑勲監督による「かぐや姫の物語」(11月23日公開)に、
    日本中の腕利きのアニメーターが集められた結果、「風立ちぬ」のスタッフが手薄になってしまったからだ。

    「宮崎さんはつらそうでした。主な登場人物の作画を、全部自分が主導せざるを得なくなったから。
    『本当はあのアニメーターにやってもらいたいんだが』という嘆きを何度か聞いた。
    『かぐや』の製作は遅れ、担当プロデューサーが宮崎さんに『何人かアニメーターを回して』と
    お願いに行った時には激怒していました。
    『そっちにはすごいのが腐るほどいるだろう!』って」(ジブリ関係者)

     実は宮崎さん自身、「違うやり方」を試みたこともあった。1995年公開の「耳をすませば」だ。
    宮崎さんは脚本・絵コンテを手がけたが、実際の作画は信頼するアニメーター・近藤喜文さんに委ねた。
    鈴木敏夫プロデューサーらは「成功すれば、宮崎アニメの新しいスタイルが誕生する」と期待したが、
    宮崎さんの答えは「二度とやらない!」だった。
    それはなぜか。鈴木プロデューサーが以前、こんな話をしてくれた。

    「近藤さんの作画で、主人公の少女・雫の性格が、宮崎さんの意図と変わってしまった。
    例えば雫がしゃがみ込むシーン。誰も見ていないのに、近藤さんは雫に
    『下着が見えないよう、スカートを手で押さえる演技』をさせた。
    これによって雫は『考えてから行動する自意識過剰の子』になった。
    だが、宮さん(宮崎さんのこと)の好みは
    『下着なんか気にせずにさっと座ってしまう、考える前に行動する子』。
    この違いが宮さんには耐えられなかった」

     仮に「自分は絵コンテ作りまで」というスタイルに宮崎さん自身が納得できれば、
    今後も長編アニメを作り続けられる。
    だが、それは宮崎さんが、自ら原画を描くアニメーターではなくなることを意味する。
    「監督になってよかったと思うことは一度もなかったが、
    アニメーターになってよかったと思うことは何度かあった」と話す宮崎さんにとって、
    それは決して受け入れられないのだ。

    http://dot.asahi.com/wa/2013091000036.html

    【【これがジブリを育てた】◆宮崎駿が「二度とやらない!」と言った手法 ◆【男のポリシーだ!】】の続きを読む

    1:2013/09/10(火) 15:05:39.74 ID:

     「家内には『お弁当は今後もよろしくお願いします。まことに申し訳ありませんが』と言いました」

     スタジオジブリに毎日、愛妻弁当を持参していたという宮崎駿監督(72)。
    会見で妻・朱美さんについて聞かれた宮崎監督は、言葉少なにこう答えた。

     9月6日、東京・吉祥寺のホテルで宮崎監督が引退会見を行った。
    日本のアニメ映画を牽引し続け、“日本のディズニー”と海外からも賛辞を受けている宮崎監督を
    48年間、陰で支えてきたのが3歳年上の朱美さんだ。

     宮崎監督はアニメ制作会社の東映動画で、同じアニメーターとして働いていた朱美さんと’65年に
    職場結婚。結婚の際は共働きの約束をしていたが、二男・敬介さんが生まれたころに夫妻は
    「共働きは無理」と判断し、朱美さんは家庭に入り育児に専念するようになったそうだ。
    宮崎監督の長年の友人は、朱美さんについて次のように語る。

    「奥さんは東映動画の先輩アニメーターで、“絵のうまさ”で高い評価を受けていたんです。
    当時は、宮崎さんより将来を嘱望されていたそうですよ」

     また、宮崎監督が会長を務める市民団体『淵の森の会』の事務局長・安田敏男さんは、
    朱美さんにはアニメーター仕事への未練があったと話す。

    「奥さんは『絵は私のほうが宮崎よりもうまいのよ』と言うんです。『でも、結婚したら私が
    絵を描く仕事をやめることになっちゃった』と、私に寂しげに愚痴を漏らしたこともありました。
    本当は、自分の作品も作りたかったんでしょうね……」

     ’92年、宮崎監督は中日新聞のインタビューで
    《女房には申し訳なかったと、いまもそう思っています》と夫人への感謝と謝罪の念を吐露している。
    前出の安田さんはこう続ける。

    「宮崎さんは、奥さんに負い目があるんです。ですから、『今度は私にやらせてよ』ということに
    なったら、宮崎さんが奥さんの出番を作ってあげるかもしれないですね。2人の絵は、
    どちらが描いたかわからないくらい似ているんです。奥さんが絵コンテを作って、
    宮崎さんが奥さんのサポートに回り、2人で新作アニメを完成させる可能性もあるんじゃないでしょうか」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130910-00010003-jisin-ent
    【【2人でゆっくりと】宮崎駿監督は奥さんと映画制作か!? 仲が良い事は素晴らしい。【二人三脚で作ります。】】の続きを読む

    このページのトップヘ